治療の選択肢

治療の選択肢

年齢を重ねる毎に発症する可能性も高くなり、中高年の病気とも言われていた男性の機能が低下することによって起こってしまう勃起障害とは、ペニスが硬くならず勃起状態にならない、あるいは勃起を性行為中に持続できないことを言います。
男性特有の生理現象が健全に行われないと、性行為の成功率も下がりストレスや不安などにもつながってしまいます。
また子を望む夫婦であれば、男性不妊となり性行為の成功率は非常に重要なことにもなります。
勃起障害を起こしている男性は国内だけでも4人に1人はいると言われており、40歳以上の方が占める割合が多いですが、最近では20代の成人したばかりの男性にも症状が現れることが増えており、今では男性であれば誰にでも起こりうるものとなりました。
中高年に多いのは器質性EDといわれるものが原因で、性欲の減退により起こったり、糖尿病をはじめとする生活習慣病、身体に疾患があり神経や血管に影響が現れてしっている場合などがあります。
ちなみに糖尿病になっている男性の6割ほどの人にEDが見られます。
20代や30代に多いとされているのが心因性EDが原因となり、日常生活でのストレスや過労、不安といったことや自分自身でも気付かないような過去の経験またはトラウマ、コンプレックスなどが心の深いところにあり、EDの症状となり現れていることもあります。
世界的にも非常に有名であり、男性であれば一度は聞いたことのある治療薬であるバイアグラなどがありますが、必ずしも治療の第一選択とはなりません。
病気の影響であれば、その病気の治療を行ない、心の問題であれは精神療法などの専門的な治療を受けることで改善されることもあり、症状が出ているからといってむやみに薬を服用することはお勧め出来ません。
最近では医師に処方して貰わなくてもインターネットを通じて海外から薬を購入することが出来ますが、薬は間違った使用をしてしまうと危険なことになるのは十分に考えられることなので自己判断でリスクのある治療方法を選択するのは止めるようにして下さい。